アスペルガーの苦手な電話応対。対処法は?

アスペルガー

ASD診断済みのぷろんとです。
アスペルガーの人にとって苦手だと思うのが電話応対です。
私も以前の仕事で電話応対をすることがあったのですが、相手の言ってることを聞き取るだけで精一杯でメモを取るのもなかなか難しいということがありました。
そこでアスペルガーの人が苦手とする電話応対の対処法を考えてみました。

電話応対の無い仕事を選ぶ

一番の対処法ですがやっぱり電話応対のない仕事を選ぶことです。
電話応対が無く一人でもくもくと作業が出来る仕事が向いていると思います。
僕の場合、適職として上がるのがエンジニアです。
人とのコミュニケーションは苦手ですが、論理的に物事を考えたり一人で黙々と作業するとパフォーマンスを発揮できるので、エンジニアは割とアスペルガー向きの仕事だと思います。

逆に選んではいけないのは事務職などの電話応対が必要で、他の人とのコミュニケーションが常に必要とされるお仕事です。
こういった仕事を選んでしまうと本来の自分の力を発揮できないので自分に合った職場環境を選ぶべきだと思います。

事前に何を言うか決めておく

私が前の仕事で電話応対する時に決めていたのは何を言うかを事前に考えておくことです。
予め何を言って何を聞くかを考えておけば、電話をして混乱することはないですし、自分なりにマニュアルを決めておくとうまくいくでしょう。
余談ですが、アスペルガーの人でもコールセンターの電話応対をしている人もいます。
これには理由があってコールセンターだと電話応対のマニュアルが予め用意されていて、パターンがある程度決まっているのでアスペルガーの人でもやりやすいのです。
なのでマニュアルを自分で作るということが重要だと思います。

面接で必ず伝えておこう

仕事のミスマッチを防ぐ方法として面接で電話応対が苦手なことを伝えておきましょう。
障害者雇用の場合は履歴書の配慮事項の欄に電話応対が苦手ということを記載しておくと良いと思います。
それで落とされることはあるかもしれませんが、自分に合わない仕事をやり続けるほうが苦痛だと思うので、落とされてもあまり深く考え込まずにただ合わなかっただけだと思うのが大事です。

終わりに

電話応対で苦痛を感じることもありますが、正直慣れもあると思いますし自分でマニュアルを作っておけば混乱することが無いと思います。
一番の対処法は電話応対のない仕事を選ぶことだと思います。
自分のパフォーマンスを発揮できる仕事を見つけられることを願っています。
それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました