【Periscope】パソコンからTwitterライブを配信する方法

SNS

毎日が日曜日のぷろんとです。
生配信には色々とサービスがありますが、僕が使ってて一番人が来やすいなと思うのがTwitterの公式クライアントからも配信できるPeriscopeです。
しかしこれはスマホからは簡単なのですが、パソコンから配信となるとひと手間かかります。
ということでパソコンからPeriscopeで配信する方法を解説したいと思います。

必要なもの

・配信ソフト
今回はOBS Studioを使っていきます。

OBS StudioはWindows,Mac,そしてLinuxにも対応してます。

・Periscopeのスマホアプリ

Periscope
Periscope
開発元:Twitter, Inc.
無料
posted withアプリーチ

PeriscopeはTwitter社が開発してるアプリで、TwitterのIDでログインできます。

OBS Studioの設定

まず最初にOBS Studioの設定を行います。

OBS Studioを起動して設定→映像を選択して出力解像度を960×540に変更します。

出力の配信ビットレートは500ほどに設定しておきます。
上げすぎると遅延が大きくなるので注意しましょう。

そして配信設定ではTwitter/Periscopeを選択して、サーバーはASIA/Japanに設定して、ストリームキーを設定します。

ストリームキーはPeriscopeの設定画面からPeriscope Producerを選択すると表示されます。

まずはPeriscopeのアプリを起動して通知マークの右側の人のアイコンをタップすると、一番右側にアカウントの画面に移るボタンが表示されるのでそれをタップしてください。

アカウントの画面が出たので設定をタップします。

配信を開始する方法

一通り設定が終わってOBS Studioから配信を開始してみましょう!
OBS Studioの配信開始ボタンを押しますが、これを押しただけでは配信されません。
配信開始ボタンを押したあと、ストリームキーを確認するときに開いたPeriscope Producerの画面を開いて「配信をプレビュー」を選択します。
そこから配信開始をして初めて配信が始まります。
またコメントやハートなどもスマホの画面から確認できます。

終わりに

パソコンからの配信ですが、スマホからの配信と違い他のTwitterユーザーとのコラボ配信はできないので、一人喋りの配信となります。
みんなでワイワイして配信したいときはスマホで配信して、歌ってみたや弾いてみたなど一人でやるような配信はPCからやるのがオススメでしょう。
それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました