SONY α6000で六義園のライトアップされた紅葉を撮影してみた。

カメラ

毎日が日曜日のぷろんとです。

新しく買ったレンズで撮る夜景の写真がかなりキレイですっかり気に入ってしまったので、紅葉のライトアップを撮影しに行ってきました。
使用したレンズはSONYのSEL50F18というものです。

今回行ったのは東京都の文京区にある六義園。
普段は夕方で閉まっちゃうのですが、紅葉のイベントで特別に夜まで開園していました。

公園の周辺を歩いていると高級マンションがあちこちにあり、調べてみるとこの六義園の周辺は高級住宅街になっており、億ションが建ち並んでいました。

六義園までのアクセス

六義園までのアクセスですが、最寄り駅は山手線/東京メトロ南北線の駒込駅から歩いて5分ほどです。

六義園に駐車場はありませんが、周辺にコインパーキングなどがあります。
ただ周辺の道路はあまり広くはないので、公共の交通機関で行くのがオススメです。

ライトアップされた紅葉は幻想的!

今回は少し頑張ってRAW画像を加工して現像してみました。

すごく幻想的で美しいですね。

全て手持ちで撮影しましたが、f1.8という明るさと手ブレ補正のおかげで綺麗に撮影することができました。
試しにスマホでも写真を撮ってみましたが、全体的にボヤッとしてて葉の一枚一枚が綺麗に写ってませんでした。

終わりに

この日は夜中で結構外も寒かったにもかかわらず、見学する人でいっぱいでした。
三脚は使用できなかったので、手持ちで撮影できるカメラで撮影するのがオススメです。
夜景を撮るなら一眼レフがオススメです。
ただしレンズ沼にハマると抜け出せなくなりますが・・・w

コメント

タイトルとURLをコピーしました