【WordPress】さくらのレンタルサーバーは遅い?対処法は?

ブログ

ぷろんとです。
GoogleのBloggerというブログサービスから、WordPressに移行して1年ほどが経ちました。
検索からの流入も少しづつ増えて来たのは嬉しいのですが、ここでちょっと問題が。
それは読み込み速度の遅さと直帰率の高さです。

読み込み速度の遅さと直帰率の高さ

読み込み速度はGoogleアナリティクスから確認できるので早速確認してみました。
平均読み込み速度は4秒ほどで、サーバーの平均応答時間は1.7秒でした。
ちなみにこの4秒という数字ですが結構悪い方で、ユーザーは3秒以上待たされると40%のユーザーはすぐに離脱してしまうとのことです。
つまりせっかく記事を書いても読み込み速度が遅いと読んでくれないわけですね。
それが直帰率の高さにもつながります。

ちなみにこのクソニートの生存戦略の直帰率は87%ほどです。
直帰率については全然勉強してなかったんですけど、これってかなり高い数字みたいです。

対処したこと

ここままじゃまずいと思いサイトの表示を高速化するためのプラグインをいくつか入れました。

まずは画像を圧縮するプラグインのEWWW image optimizerを使いました。

しかし表示速度を確認してもほとんど改善されず・・・。

原因はサーバーにあり?

僕のブログはそこまで記事数も多くないですし、クソ雑魚ブログなのでアクセスもほとんど来ません。
となると原因はサーバーにあるのでは?と思い「さくらのレンタルサーバー 遅い」で検索してみると、出るわ出るわ悪評の嵐・・・w
さくらのレンタルサーバーにしたのはさくらのVPSを利用していてアカウントを持っていたのと、月額500円〜と手軽に借りれる料金だったからです。
やっぱり安いものには訳があるわけですね。
とりあえずサーバーの移行をすべくまずはデータのエクスポートをすることに。

終わりに

おそらく移転先は評判が良いエックスサーバーになると思います。
月額は1300円ほどで倍以上になりますが、これで直帰率が下がってPV数も増えればアドセンスの収益も上がる可能性があるので、まずは試してみようと思います。
サイトの表示速度改善もそうですが、コンテンツの充実も図っていきたいです。
それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました