【レビュー】SONYの50mm単焦点レンズ SEL50F18は安くて良い!

カメラ

毎日が日曜日のぷろんとです。
今回レビューするのはSONYのEマウントの単焦点レンズSEL50F18です。
こちらのレンズの特徴ですが、なんといってもf1.8という明るさですね。
標準のズームレンズはf3.5~f5.6ですから、全く違う世界を感じることができます。

レンズの紹介

SEL50F18ですがこちらはAPS-C専用のレンズとなります。

価格は2万円ほど。
重量も200gほどと軽く、本体も軽いミラーレス一眼との相性も抜群ですね。
35mm換算で75mmとなるので、画角はやや狭くなりますがその分被写体を切り取った写真を撮れますね。

SEL50F18で撮った写真

説明はこの辺にしておいて僕がこのレンズで撮った写真をいくつか上げてみます。

自宅にある観葉植物を撮影してみました。
絞りはf2.8にしてみましたが、解像度も良くてボケ具合もいい感じですね。
ISO感度を上げるとノイズが少し目立ってしまいますが・・・。

こちらはお台場から撮影したレインボーブリッジです。
f2.0でシャッタースピードは1/60です。
かなり明るいレンズなのでこういった夜景も三脚を使わずに手持ちで撮影できちゃいます。

クリスマスの気配

インド料理のビリヤニです。
50mmなのでさすがに料理の写真を撮るのは難しいですね。

終わりに

2万円台と安価ながらf1.8の明るさを持つレンズで、標準のズームレンズに不満を感じ始めたらまずは購入してみるのがおすすめです。
このレンズは撒き餌レンズと呼ばれるもので、ここからレンズ沼の世界にハマってしまう人も多いとのことです。
でも買ってみて損はないと思うので、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました