Ubuntu18.04LTSでNode.jsの開発環境を構築する

Ubuntu

ぷろんとです。
ほぼ自分用のまとめですが、Ubuntu18.04LTSでNode.jsの開発環境を整える方法をまとめていきたいと思います。
Node.jsのインストールからパッケージ管理のnpm、フレームワークのExpressの導入法までまとめていきます。

Node.jsをインストールする。

まずは最初にNode.jsをインストールします。
インストールするには以下のコマンドを使用します。

まずはいつものコマンドでパッケージを更新。
$ sudo apt update
$ sudo apt install nodejs

それからパッケージ管理のnpmをインストールします。
$ sudo install npm

これで基本的な環境の構築は終わりました。
インストールされたNode.jsのバージョンを確認するには
$ node -v
で確認することができます。

またnpmのバージョンも
$ npm -v
で確認することができます。

ejsをインストールする。

Node.jsで必須とも言えるのがEJSというテンプレートエンジンです。
こちらは先ほどインストールしたnpmというパッケージマネージャーを使えば簡単にインストールすることができます。

インストールするにはまず端末を開いて
$ npm install -g ejs
と入力します。

Expressをインストールする。

次にNode.jsで最もよく使われている、Expressフレームワークのインストールを行います。
インストールする前にまずnpmの初期化を行います。

# npm init

これを実行すると色々と項目が出てきますが、とりあえず全部Enterを押してしまいましょう。
これが終わってからいよいよExpressをインストールします。
インストールするには端末を立ち上げて以下のコマンドを入力します。

# npm install –save express

これでexpressのインストールは終了ですが、もう一つインストールしておきたいものがあります。
それはexpress generatorというものです。
これを使えば、より簡単にWebアプリの作成が行なえます。

# npm install express-generator -g

これでexpress–generatorのインストールは終了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました