最近の脱社畜論ってどうなの?会社勤めは決して負け組ではないというお話

雑記

毎日が日曜日のぷろんとです。
最近某インフルエンサー()の脱社畜サロンなど、会社勤めをバカにするような風潮がネット上にはありますよね。
そんな意見を見ていると私みたいなニートは疑問を感じるのでそれを打ち砕いて行こうと思います。

会社勤めのここがすごい!

会社勤めしてる人のすごいところですが、やっぱり毎日同じ時間に起きて同じ時間の電車に乗れることですね。
睡眠も不規則で、起きてもまともに体が動かない私からすれば本当にすごいなと思います(皮肉とかじゃなくて本当に)
私は昔から低血圧がひどく、朝起きるのが苦手なので毎日朝の7時とかに起きて通勤ラッシュの電車に乗るなんて不可能なんです。
私にとっては7時に起きるというのはめちゃくちゃ早起きで、9時に起きるのでも十分早起きだと思います(完全にダメ人間ですね)
実際、学生時代も学校は休みがちで保健室にいることも多かったですし、わざわざ電車が空いている方向の学校を選んだほどです。

毎日同じ場所で働くっていうのもなかなかすごいですね。
私の場合いつも落ち着きがないので、そもそも同じ場所でじっとして黙々と働くってかなり厳しいんですよね。
最近は映画館でじっと座って映画を見るのもしんどいと感じるくらい落ち着きが無いです。w

最近の会社勤めをバカにする風潮ってどうなの?

冒頭でも書きましたが、最近は脱社畜サロンが話題になり「会社勤め=負け組」みたいな極端な意見がありますよね。
でもそれは違うと思います。
会社勤めなんて決して負け組ではないですし、十分誇って良いと思うんです。
フリーランスを最近は持ち上げる人もいますが、そもそもフリーランスで働いてる人の大半は会社勤めが向いてなくて、仕方なくフリーランスの道を選んだ人が多いんですよね。
私がTwitterでフォローしてるゲームクリエイターのTANAKA Uさんもまさにその典型例ですね。
漫画家やミュージシャンなどの職業の人も、確かに好きでやっている仕事だとは思うのですが、やっぱりどこかで社会に適応出来なくて、もがき苦しんだ結果フリーランスになったという感じですよね。

終わりに

私のようなクソニートが会社勤めの人へのエールを送る記事となりましたが、少しは自信を持っていただけたでしょうか?
社畜だのバカにする人もいますが、会社勤めも決して悪くない働き方だと思いますし、会社勤めだからといって自由が無いのかと言ったら別にそうでもないと思います。
フリーランスはフリーランスなりに大変なこと(主に確定申告とか確定申告とか)がありますしね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました