食後の血糖値が気になる?主食は玄米がオススメ!

健康

こんにちは。毎日が日曜日のぷろんと(@pront_nem)です。

僕はクソニートのくせに健康には気を使っているので、普段の食事も油っこいものや甘い物は避けたりしているのですが、そんな中でも一番気を使っているのが主食の米です。
今まで主食は白米でしたが玄米のほうが栄養バランスが優れていると知り、主食を玄米に切り替えました。
切り替えてから色々と分かった事もあるのでまとめておきます。

玄米食のメリット

・血糖値が上がりにくい
玄米は白米と違い、GI値(食後血糖値の上昇を示す指標)が低いので、食後も血糖値が緩やかに上昇してくれて食後の眠気が軽減します。
また精製された白米やパンのようにGI値が高いと血糖値が乱高下し、インスリンが過剰分泌され、低血糖になる可能性が高くなります。
低血糖になると食後に眠くなったり頭痛がするようになります。
甘い菓子パンを食べた後やたら眠くなるのはこれが原因なのです。
主な食品のGI値の一覧は現代ビジネスの記事の画像にまとまっているのでそちらを参照してみてはいかがでしょうか?

・ビタミンが豊富!
玄米は白米と比較して、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
また葉物の野菜などと違い価格変動が少ないので、家計にも優しいと思います。

葉物の野菜は放って置くとすぐに腐ったり味が落ちたりしますが、玄米は密閉した容器に入れて冷蔵庫に保管しておけば、そこまで心配がいらないのもメリットだと思います。

玄米食のデメリット

ここまで玄米食がいかに健康的かを解説しましたが、デメリットもあります。
それは白米と違い浸水時間が長く炊きあがるまでに時間がかかることです。
浸水時間はだいたい6時間くらいが目安で炊きあがるまでに時間がかかってしまいます。
なので食べる日にちと時間を計算しながらお米を研がないと大変なことになります。
私の場合、夕食で食べる場合はお昼の12時過ぎにお米を研いで浸水させます(ニートの特権)
昼間働いている人は朝に研いで、そのまま夜にタイマーをセットするのがベストかと思われます(朝にそんな時間ねーよってツッコミはなしでお願いします…)
また、外食では提供しているお店が限られるので外出先で飲食店を選ぶのも結構大変だったりします。
たまに食べる分には白米でも全然構わないと思いますが、できるだけ雑穀米などを選んだほうが良いでしょう。

オススメの玄米

ロウカット玄米は普通の玄米と違って浸水時間が短くて済むのでオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました