【レビュー】繊細な人の上手な生き方って?「繊細さん」の本を読んでみたよ

読書
ぷろんと(@pront_nem)です。
何気なくPrimeReadingで本を探してたら面白そうな本を発見しました。
タイトルは「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本 です。
この本は繊細でストレスを感じやすい人が、その感性を大切にしながら楽に生きていく方法をまとめた本です。

繊細なのは生まれつき?

人間だけでなくネズミ、ネコ、イヌ、馬、サルそして人類と、どの高等動物にも、刺激に対する反応しやすさに差があり、どの種についても、刺激に対して「より敏感に反応するもの」の比率 は だいたい同じで、全体の15~20パーセント。種として生き延びるために、 慎重な個体が生まれたのではないかと考えられています。

武田友紀「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本

つまり繊細なのは生まれつきのもので、全体の2割ほどの人が繊細な人に生まれてくるということです。
生まれつきということは無理に治す必要なく、それを武器にしながら生きていくのが正解ということなのではないでしょうか?

魔法の言葉は【とりあえず】

「考えすぎて動けない」「ベストを求めすぎて、動けなくなっている」

そう気づいたら「とりあえず」を入れると日々の仕事や生活がぐっとスピーディーに進みます。

確かにこれはよく分かりますね。
私のように繊細だとつい後先のことを考えてしまい、なかなか行動に移すことができませんが、「とりあえずやってみよう」を大事にすると良いのかもしれないです。

自分をもっとさらけ出そう!

人間関係の基本構造とは「表に出している自分」に合う人があつまってくる、というシンプルな事実です。

つまり、「本当の自分」を抑えて殻をかぶっているとその「殻」に合う人が集まってきてしまうのです。

これはブログでも同じことが言えますが、やはり自分の本音を正直に話している人は信用されてきますし、共感を得やすいと思います。
ブログでも自分をさらけ出すことが大事と言えるのではないでしょうか?
ただ本音を話してしまうと嫌われてしまうんじゃないかと思ってしまうので、そこは改善したほうが良いのかもしれません。

終わりに

繊細であることがコンプレックスだったりして、自分がいけないのかな?と思ったこともありましたが、この本を読んでから自分なりの対処法があると知ることができました。
特にブログを書く上で自分をさらけ出すということは思ってた以上に大事だということですね。
私のような繊細な人はなかなか参考になる本だと思いました
Amazonのプライム会員ならタダで読めますのでぜひ読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました