【比較】iPhone6sからHuaweiのP20 liteに乗り換えてみた。

P20lite

ぷろんと(@pront_nem)です。
先日3年ほど使っていたiPhone6sからHuaweiのP20 liteに乗り換えました。
今まではずっとiOSの端末を使ってきて、Androidの端末を使うのはこれが初めてなので比較してみようと思います。

iPhoneから乗り換えた3つの理由

  • アップルの製品に魅力を感じなくなってきた。
  • iTunesの同期が不安定でうまくできない。
  • 飽きた。w

箇条書きにするとこんな感じです。
最近のアップルの新製品を見ても全くワクワク感を感じないですし、なんと言ってもiTunesに不具合が多く同期がしょっちゅう失敗します。
普通に音楽を移そうとしただけなのに、なぜか同期がしょっちゅう失敗しますしiTunes storeもやたら重くて使いにくいです。

スペックの比較してみた

P20 liteiPhone6s
解像度
2280×1080 5.84インチ
1,334 x 750 4.7インチ
カメラ
約1600万画素 + 約200万画素(背面カメラ)
約1600万画素(前面カメラ)
約1200万画素(背面カメラ)
約500万画素(前面カメラ)
メモリ4GB2GB
CPU
2.36GHz 4コア
1.7GHz 4コア
2コア 1.85GHz
バッテリー3,000mAh1,715mAh

比較してみるとバッテリーの容量がiPhone6sと比較してほぼ二倍になっているのが分かりますね。
また、前面カメラが背面カメラと同じ1600万画素なのも嬉しいです。
背面カメラが2つ付いていることでボカシをかけることができるのも高評価ポイントです。

こちらはP20liteで撮影したものです。
背景がいい感じにボケているのが分かると思います。

テザリングについて

外出先でパソコンを使うときにテザリングを使うのですが、iPhoneだと発熱と電池の消耗がかなり激しかったのが、P20liteの場合発熱も少なく動作も安定しているように思えます。
また一番気になっていた回線速度なのですが、ネットの閲覧や音楽のストリーミングは問題なく行えます。

ゲームについて

私はゲームはポケモンGOくらいしかやらないのでスペックに関してはあまり比較できないのですが、iPhoneのほうが動きは若干サクサクしてた感じです。
フォントががおかしくなってるのがやや残念ですが、プレイする分には問題ありません。
しかしバッテリーの持ちは明らかにP20 liteのほうが良いので、長時間プレイする人にはおすすめです。

まとめ

おサイフケータイがないのはやや残念ですが、格安スマホと割り切って使うならかなりコスパが良い製品だと思います。
デザインもオシャレですしカメラもレンズが2つ搭載されているのでボカシが効くのがうれしいです。
おサイフケータイがほしいのであればXSの発売後、割安になっているiPhone7あたりが良いかと思います。
それでは。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました